100円前後の安売り食材、冷蔵庫の買い置き食材をフルに利用して作る、美味しい食事のレシピ


by fuji375

<   2008年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

b0088339_140916.jpg

【材料】 6〜7個?
作ってから3日目以上の、ぐだぐた残り物カレー   あるだけ
春雨  50g
むきえび   適量(小ぶりのものなら6~7尾。大きめなら4~5尾?)
鶏か豚の挽肉(あれば)  適量
春巻の皮  適宜
塩コショウ  適量
酒・醤油(余裕があればだし汁も)・片栗粉  適量
水溶き小麦粉(春巻の皮接着用)

【作り方】
1. 春雨を、2~3分熱湯で茹で、適当な長さに切る。
2. 熱したフライパンで、1の春雨とむきえび、挽肉を炒め、適当に塩コショウする。
3. エビと挽肉に火がとおったあたりで、残り物カレー(できれば、具がぐだぐだに溶けた状態であることが望ましい)を入れ、酒、醤油等の調味料を適宜加え、いい具合に水分がとんだところで小さじ1~2杯くらいの片栗粉を入れてよく混ぜる。以上で、餡完成。
4. 冷ました餡を、春巻の皮で巻いて形成し(基本的な作り方は、春巻の皮の袋に書かれているので参考にしてくだ゜さい)、フライパンに多めの油で焼く。

たっぷりの油で揚げるのではなく、春巻の両面を予め油で浸してからフライパンで焼くようにすると、油が具の中まで浸透し過ぎないぶん、ヘルシーです。

残り物を、効果的に利用するのが目的なので、挽肉多めにして、カレー味餃子もいけるかと。
また、カレーに、酒と醤油(+だし汁)を加えることで、蕎麦屋の「カレー南蛮」的なテイストに変わるので、前日までのカレーの残りとは思えないほどの一品に。

スナック的に食べるのはもちろん、カレー味が濃く残ってるので、結構おかずでもいけます。
皮で巻くときに溶けるチーズを入れたりすると、また目先が変わってよいでしょう。

残り物再利用お料理シリーズは、まだまだ続きます。
[PR]
by fuji375 | 2008-01-25 02:21 | 料理
b0088339_13454100.jpg

【材料】
白餅     3〜4個
とけるチーズ   適量
ピザソース(なければケチャップでOK) 適量
玉ねぎ     適量
ピーマン(あれば) 適量
ベーコン(あれば) 適量
油  少量
塩・コショウ
【作り方】
1. 熱したフライパンに油をしき、餅の両面を焼く(はじめからグリルやオーブントースターに入れてしまうと、チーズがとける前に餅が焦げてしまったりするので)。また、このときもちの両面に軽く塩コショウしておくと、味が薄くなり過ぎない。
2.フライパンで柔らかくまるまで焼いた餅に、ピザソースをぬり、チーズをのせ、玉ねぎ、ベーコン等小さく切った具をトッピングする。
3.チーズがとけるまで、グリルかオーブントースターで焼く。

磯辺巻きにもあべかわにも飽きたら、お試しあれ。
娘のリクエストで試験的にやってみたら、大正解でした。具材がなにもなければ、ケチャップにチーズだけでも充分です。餅の表面をフライパンでおかき状に香ばしく焼いておくのがコツ。でも、その食感と油っこいのが苦手な方は、普通にグリルで焼くだけでもよいと思います。アルミホイルに包んで焼けば焦げずにふっくら仕上がります。
[PR]
by fuji375 | 2008-01-19 01:49 | 料理
b0088339_124309.jpg
b0088339_1253088.jpg


【材料】
お節の残り・八つ頭の煮物  あるだけ
お節の残り・人参、牛蒡、レンコン、筍の煮物  あるだけ
豚挽肉  適量(八つ頭の残り具合に応じて、50g~100g)
玉ねぎ  適量
玉子  1個(残ったらミニオムレツにしてね!)
小麦粉  適量
片栗粉  適量
パン粉  適量
塩・コショウ  少々
油  適量
【作り方】コロッケ
1.玉ねぎみじん切りと豚挽肉をフライパンで炒め、軽く塩コショウする。
2.レンジで2~3分温めてからつぶした八つ頭に1を混ぜ、適当な大きさに形成する。
3.小麦粉をまぶし、溶き卵をくぐらせ、パン粉をまぶす(以下、普通のコロッケの作り方と同じく油で揚げる)。
【作り方】煮物焼き
1.煮物に片栗粉をまぶす。
2.熱したフライパンに油(できればごま油)をひき、1を、薄く焦げ目がつくくらいまで焼く。

他にも残りものがあればもっといろいろやってみたかったのですが、今年の残りは生憎これだけでした。たったこれだけの手間で、食べ飽きたお節が全く別のテイストに生まれ変わります。コロッケは、あまり油っこくしたくなかったのでフライパンに多めの油で両面を焼く感じで作ったため、見かけはあまり美しくないですが、味は文句なしにgoodです。芋に味がついてるのでソースをかける必要はありませんが、濃い味好きな方は、ちょこっとだけソースをかけてもいいでしょう。煮物焼きのほうはごま油の風味がきいてるので、そのままどうぞ。

残り物の再利用なんて貧乏くさい、と思わず、いろいろ工夫してみてください。
2008年も、引き続き、「無駄をださない」を目標に、一般家庭で可能な範囲内の最高料理を目指します。
[PR]
by fuji375 | 2008-01-05 02:14 | 料理