100円前後の安売り食材、冷蔵庫の買い置き食材をフルに利用して作る、美味しい食事のレシピ


by fuji375

<   2007年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

b0088339_3162291.jpg


【材料】 2~3人前
トマトジュース(野菜ジュースでも可)  100mlを2缶くらい?
コンソメ(固形)  1個
水   少量(70~100ccくらい?)
ニンジン     3~4センチ
タマネギ    4分の1くらい
ドライビーンズ(パックでも缶詰でも) 1つ
ソーセージ・ウインナ (冷蔵庫に残ってればなんでも。ハム、ベーコンでも可)
白ワイン  少量
塩・コショウ  少々
バジル  少々

【作り方】
1.ニンジン、タマネギはみじん切りに、ソーセージの類いもひと口大に小さく切り、少量の水で似る。
2.ニンジンが柔らかくなったあたりでトマトジュース、コンソメ、白ワインを入れ、沸騰したらビーンズを入れて更に煮込む。
3.火を止める直前、塩コショウで味を調え、お好みでバジルをふる。

もし使い残しでもあれば、生のトマト、トマトピューレ、缶詰のカットトマトなどをほんの少し入れるだけで、より本格的になります。ドライビーンズは、ひよこ豆とかレンズ豆とか、何種類か入って、100円くらいで売ってます(缶詰でもパックでも)。 面倒臭いから、炒飯とかパスタとか、ワンディッシュですませたいときでも、スープがあるだけで全然雰囲気が違います。
[PR]
by fuji375 | 2007-10-24 03:39 | 料理
b0088339_352246.jpg


【材料】 3人前
寒ブリの切り身  3切れ
醤油  適量
酒   適量
味噌(隠し味)  少量
バター  少量
生姜   適量

【作り方】
1. ブリを、適量の酒と醤油(全体が浸るくらいの量)に漬け込んでおく。
2.冷蔵庫に保存した場合は、少なくとも、焼く20分には出し、常温に戻しておく。なお、その際、隠し味の味噌も漬け汁に溶かしこんでおく。
3.熱したフライパンに少量のバターを溶かし、ブリを焼く、
4.生姜は針ショウガにし、焼けたブリの上に盛る。

味噌やバターは、コクをだすための隠し味ですので、生クリーム等で代用してもいいと思います。こってり味がお好きな方はバター多めで。
また、油ののり具合によっては、フライパンで焼くとクドくなりすぎてしまうことがあるため、様子をみて、従来どおりグリルで焼いてください。テフロン加工のフライパンなら、魚自体の脂身で充分なので、油をひく必要はありません。

これからどんどん美味しさをます季節の寒ブリ。普通に照焼きにしても美味しいですが、隠し味でコクをだすようにすると、フレンチなテイストになり、また雰囲気が変わります。
[PR]
by fuji375 | 2007-10-14 04:08 | 料理
b0088339_39178.jpg
b0088339_3102069.jpg


今年の夏は暑くて暑くて、料理心が著しく減退しました。
言い訳になってしまいますが、料理レシピ、一ケ月以上サボってしまった罪滅ぼし・・・というわけでもありませんが、今年になって、お外でご馳走になった美味しいお料理をご紹介します。
美味しいものを作ろうと思ったら、作り手自身が本当に美味しいものを食べ、それを美味しいと感じる味覚をもっていなければ。

私は、たとえ低予算の家庭料理でも、ほんのちょっと手間ヒマをかけるかどうかで、それ相応にプロの味にも近づけると信じています。醤油や味噌は決して煮立てない、もやし炒めのもやしはヒゲ(できれば頭も取ったほうがいいらしいが、それだと勿体なさすぎるので)をとったほうがシャキッと仕上がる、とか、そんなお料理の常識も、親からではなくて、バイト先の飲食店や食べに行ったお店で、私は知りました。食文化が多様化し、家族の嗜好も多様化したいま、所謂「おふくろの味」が常に求められ、正確に伝えられてゆくとは限らない。寧ろ、個人レベルの味覚の伝承なんて、バカバカしいほど無意味なものなのかもしれない。かつて、お母さんが作ってくれたお味噌汁、芋の煮っ転がし・・・・それより遥かに美味しいプロの料理人さんの作るものを、私たちは食べてしまった。知ってしまった。

でも、食べて、知ってしまったいまだからこそ、漸く、家庭料理のもつ重要な意味がわかったのです。お母さんが煮てくれたあのジャガイモの味、おうどんの汁を味わっていたからこそ、プロの絶対的な料理を味わったとき、どこをどうすれば近づけるのか、比較対称することができたわけです。なにが足りないのか。将又なにが余分なのか。
お料理は、最も偉大な想像力と知性の産物だと、私は信じています。
味覚はひと様々で、十人十色、千差万別です。私が美味しいと思って作っても、娘は不味い、と感じる。そんなことがしばしばです。「不味い」という最小公倍数は存在しても、「美味しい」の最大公約数を求めることは難しい。だからこそ、挑み甲斐があるのかもしれません。
これからも、より「美味しい」に近づけるレシピを紹介しつつ、私自身の、「食」に対するこんな思いも綴っていけたら、と思っています。

写真は、渋谷のシシリア料理店「ドン  チッチョ」の羊の腿肉のローストと、王子「孫の家」にてのスッポン料理(&生き血)です。素材の醍醐味を生かしたこういう料理は、さすがに、専門の料理人さんにおまかせします。本当に、人生観変わるくらい美味しかったので、興味のある方は是非。でも、どちらのお店も、予約が難しいようです。
[PR]
by fuji375 | 2007-10-08 04:18 | グルメ・ショッピング