100円前後の安売り食材、冷蔵庫の買い置き食材をフルに利用して作る、美味しい食事のレシピ


by fuji375

<   2007年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

b0088339_3502870.jpg


【材料】  3~4人前
白エビ   200g
三つ葉   一束
小麦粉(日清製粉「コツのいらない天ぷら粉」) 4分の3カップ
冷水  4分の3カップ(普通の小麦粉を使う場合は卵を入れるのでそのぶん少なめに)
塩  少々
油  適量
(卵1個 「コツのいらない天ぷら粉ではなく、普通の小麦粉を使う場合)
【作り方】
1. 解凍した白エビに軽く塩をふり、10分ほどおいてよく水気をきる。
2. 水洗いした三つ葉を適当な大きさ(2~3センチ大)に切り、よく水気をきる。
3. 小麦粉を冷水で溶き、白エビと三つ葉を混ぜる。
4. 天ぷら鍋で180℃に熱した油に、3 のネタを、オタマ(のようなもの)ですくい入れる。小さめに作りたい場合はスプーン等でもOK。入れたらすぐに菜箸で形を整える。
5. 30秒~1分(大きさ次第)揚げたら、よく油をきってあげる。

富山直送の白エビは高級食材なので、残念ながら100円では作れません。
でも、頑張って節約して、たまに高級なものも使ってこその家庭料理です。ケチケチしているばかりでは世界が広がりません。本日使用した「白エビ」は、生協で、200g500円ほどの品。三つ葉は、隣りで一束128円でした。

白エビも三つ葉も、すぐ火がとおる食材ですので、揚げ過ぎないことが秘訣です。
高温でサッと素早く揚げ、油をよくきれば、胸やけもせず、さっぱりいただけます。天つゆでよし、塩でもまたよし。ちょっと料亭気分の一品です。
[PR]
by fuji375 | 2007-05-27 04:13 | 料理
b0088339_1193980.jpg


【材料】 1人前
スパゲティ  1.7ミリ   100g
イワシのバジルソテー (or オイルサーディン等)
玉ねぎ  6分の1くらい
オリーブオイル  適量
マヨネーズ  大さじ1
塩・コショウ   少量
バジル、パセリ   少量
レモン汁 数滴

【作り方】
1.残り物のイワシソテーをひたひたのオリーブオイルに漬け、バジル等の香辛料をふって、レンジで30秒〜50秒加熱する。加熱したら、ばらばらにほぐしておく。(缶詰のオイルサーディンを使う場合も同じ)
2.玉ねぎをスライスし、よく水洗いして水をきっておく。
3.パスタを茹でる。
4.茹であがったパスタを冷水で洗い、よく水をきり、1と2のイワシと玉ねぎを混ぜる。イワシを漬けたオリーブオイルも入れる。
5.マヨネーズ、塩コショウ、レモン汁などの調味料で味を整える。

私はたまたま残ってた前夜の料理を使いましたが、都合良く残り物がない場合には、オイルサーディンを使うとよいでしょう。賞味期限ギリギリのものがたまに安売りされたりします。イワシを、オリーブオイルに漬け、バジルをふって加熱するのは、より強く、バジルの香りをだすためです。お好みで、この行程は抜いてもいいと思います。

元になったオリジナルのレシビでは味付けの基本が完全にマヨネーズだったのですが、それだとマヨ嫌いの娘にはちょっと厳しかったので、アレンジしました。レモン汁をより多くふることで、オイリーな口あたりをさっぱりさせることができます。

パスタは、通常アルデンテに仕上げるためには表示時間より1分くらい早めにあげるのが理想的なんですが、冷製パスタにする場合は時間ピッタリか、ちょこっと長めでよいかと思います。のびる心配がないので。お客さんを招いてのホームパーティ等での前菜向きかな?
[PR]
by fuji375 | 2007-05-19 01:54 | 料理
b0088339_036328.jpg


【材料】
使い残した餃子の皮

塩コショウ

【作り方】
1.フライパンにやや多めの油を熱し、半分に折った餃子の皮の両面を焼く。
2.パリッと焼けてきたら更に半分に折り、それぞれの面がややキツネ色になるくらいまで焼く。
3.ペーパータオルの上にあけ、軽く塩コショウをふって出来上がり。

塩コショウ多めなら、ビールのつまみに。塩コショウ少なめで、ケチャップなどをつけても美味しいです。

家で餃子を作ると、餡の配分がどうも上手くいかず、皮が残ってしまいがち。我が家では、皮の残りが少ないときには餃子の皮ピザ、やや多めに残ってしまったときはこのようにチップにしています。もちろん、子供も大好き!!
[PR]
by fuji375 | 2007-05-03 00:45 | 料理