100円前後の安売り食材、冷蔵庫の買い置き食材をフルに利用して作る、美味しい食事のレシピ


by fuji375

<   2007年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

b0088339_2341767.jpg


【材料】 3人前
蕪(できれば葉付きのもの) 3個
ホタテ貝柱の缶詰  1個
だし汁(鰹でも昆布でも。面倒臭ければインスタントでも可)
しょうゆ  大さじ2~3
砂糖  小さじ1
酒 少量
塩 少々
片栗粉(大さじ3ほどを40ccの水で溶く)

【作り方】
1. 皮を剥き、1㎝幅くらいの切り込みを入れてた蕪を、ひたひたくらいのでだし汁で茹でる。
2. 蕪に火がとおってきたら、砂糖、塩、酒の順で味付けし、ホタテ缶(汁ごと)を入れて再び沸騰するまで煮る。
3. やや弱火にして醤油を入れ、充分味を馴染ませてから水溶き来片栗粉を入れ、とろみをつける。
4. 別に塩茹でしておいた蕪の葉を細かく刻み、盛りつけるとき適当にふりかけて出来上がり。

蕪は、旬の時期には一束(3~4個)100円で売られることがしばしば。しかし、お店で食べると美味しいのに、家ではどうしてもいま一つ。そこであれこれ試した結果、多少勿体なくても、皮はやや厚めに剥いたほうが美味しくできるようです。
料亭などでは、蒸したり、油で素揚げしたりした蕪に、別につくったあんかけをかけるようですが、このほうが簡単だし、味が染みて美味しいので。あんの具には、カニ缶とかキノコとか、美味しい味の出るものなら、なんでも使えます。

蕪の葉は、あまりやわらかく茹ですぎず、やや芯が残るくらいに。蕪のフワフワ感と葉のシャキシャキした食感のコントラストが絶妙です。

和食も、やればできるのよ!!(笑)
[PR]
by fuji375 | 2007-04-28 03:07 | 料理
b0088339_1294088.jpg


【材料】 3人前
鯵 (処理済みのひらき)  6切れ
小麦粉   適量
パルメザンチーズ  適量
バジル  少量
(あれば) オレガノ 少量
塩・コショウ  少量
オリーブオイル 少量
(好みで)白ワイン  少々

【作り方】
1. 鯵に軽く塩・コショウし、10分ほどおいて、キッチンペーパーでよく水気を拭く。
2. 水気をとった鯵にパルメザンチーズ、バジル、小麦粉をまぶす。
3. フライパンにオリーブオイルを熱し、鯵を焼く。
4. 火を止める前に軽く白ワインをふり、香りをだす。

スーパーで仕入れたレシピを、若干アレンジしてみたら、自分でも驚くくらい、本格イタリアンな一品に仕上がりました。バジル、オレガノをきかすと、よりイタリアンぽい香りがだせます。

閉店1時間前のスーパーにて、6枚入り500円の鯵を、250円でゲット。つけあわせのトマトも、生産者限定のものが、この日はお買い得価格で1個100円。メインがあまりにも簡単すぎたので、この日は他に、冷蔵庫の在庫食材で、オムライスとコンソメスープを作りました。なんでもない日なのに、ちょっと豪華なディナーになりました。なにより、子供は大喜び。食材にお金をかけなくても、ゴージャス風味な料理はいくらでもできます。
[PR]
by fuji375 | 2007-04-22 01:58 | 料理
b0088339_211328.jpg


【材料】 スナック感覚なので、かなりアバウトです。
ジャガイモ 2〜3個(煮物に適した硬いものより、新ジャガのような水分の多いもの)
卵 1個
小麦粉 適量(大さじ1~2)
パン粉 適量(これは適宜ですねぇ。コロモ厚めがお好きなら多めで)

【作り方】
1.ジャガイモの皮を剥き、しばらく水に浸けたものを、5分の1から6分の1くらい(ひと口大)の大きさに切る。
2.コロモを作る。ジャガイモが多めの場合は、溶き卵に小麦粉を溶かし込んでしまうほうが楽。(イモが少ない場合は、粉をまぶして卵をくぐらせて・・・という手順をとったほうがいいと思います) よく水を切ったジャガイモを、卵で溶いた小麦粉につけ、パン粉をまぶす。
3.180℃に熱した油で揚げる。コロモがキツネ色に色づいてきたら、竹串で刺してみて、スーッと串がとおれば完成。健康のため、よく油をきって召しあがれ。

かの池波正太郎先生も、大好きだったとか。
トンカツや海老フライみたいなコロモをつけて揚げる、所謂フレンチフライポテトとは全然違った一品です。子供のころに馴染んだせいか、私はいまでも、フレンチポテトより、こっちのほうが好き。私が子供のころは、3つくらいを団子状に串に刺したのが、近所のお肉屋さんで一本15円でした。トンカツソースもよし、塩コショウもよし。フレンチポテトと同じく、ケチャップ&マスタードでもいけます。

新ジャガのでまわるシーズン、ジャガイモ1個15~20円くらいで売られることがあるので、粉と油とパン粉と卵さえ常備しておけば、100円で山ほど作れます。ちょっと貧乏くさいけど、新聞紙だとよく油がきれるので。
[PR]
by fuji375 | 2007-04-15 02:37 | 料理