100円前後の安売り食材、冷蔵庫の買い置き食材をフルに利用して作る、美味しい食事のレシピ


by fuji375

【下町風・巨匠も愛した】 ポテトフライ

b0088339_211328.jpg


【材料】 スナック感覚なので、かなりアバウトです。
ジャガイモ 2〜3個(煮物に適した硬いものより、新ジャガのような水分の多いもの)
卵 1個
小麦粉 適量(大さじ1~2)
パン粉 適量(これは適宜ですねぇ。コロモ厚めがお好きなら多めで)

【作り方】
1.ジャガイモの皮を剥き、しばらく水に浸けたものを、5分の1から6分の1くらい(ひと口大)の大きさに切る。
2.コロモを作る。ジャガイモが多めの場合は、溶き卵に小麦粉を溶かし込んでしまうほうが楽。(イモが少ない場合は、粉をまぶして卵をくぐらせて・・・という手順をとったほうがいいと思います) よく水を切ったジャガイモを、卵で溶いた小麦粉につけ、パン粉をまぶす。
3.180℃に熱した油で揚げる。コロモがキツネ色に色づいてきたら、竹串で刺してみて、スーッと串がとおれば完成。健康のため、よく油をきって召しあがれ。

かの池波正太郎先生も、大好きだったとか。
トンカツや海老フライみたいなコロモをつけて揚げる、所謂フレンチフライポテトとは全然違った一品です。子供のころに馴染んだせいか、私はいまでも、フレンチポテトより、こっちのほうが好き。私が子供のころは、3つくらいを団子状に串に刺したのが、近所のお肉屋さんで一本15円でした。トンカツソースもよし、塩コショウもよし。フレンチポテトと同じく、ケチャップ&マスタードでもいけます。

新ジャガのでまわるシーズン、ジャガイモ1個15~20円くらいで売られることがあるので、粉と油とパン粉と卵さえ常備しておけば、100円で山ほど作れます。ちょっと貧乏くさいけど、新聞紙だとよく油がきれるので。
[PR]
by fuji375 | 2007-04-15 02:37 | 料理