100円前後の安売り食材、冷蔵庫の買い置き食材をフルに利用して作る、美味しい食事のレシピ


by fuji375
【材料】2~3人前
鶏むね肉 1パック(200グラムくらい?)
塩・コショウ 適量
おろしニンニク 小さじ1くらい
マヨネーズ   小さじ1くらい
玉子 1個
小麦粉・片栗粉  大さし1くらいずつ

☆甘酢たれ
砂糖 大さじ2
醤油 大さじ2
酢   大さじ2

☆タルタルソース
玉子  1個
玉ねぎ 1/4 くらい
きゅうり(あればピクルス) 5㎝くらい
マヨネーズ 大さじ2 (マヨ好きの方はもう少し多めでも可)
酢      小さじ1
レモン汁・塩・コショウ・砂糖 適量

【作り方】
1.鶏肉をひと口大に切り、塩コショウをふり、ビニール袋に入れ、おろしニンニクとマヨネーズも入れ、軽く揉んでしばらく冷蔵庫におく(かたいむね肉を柔らかくするためです)。
2.タルタルソースを作り、冷蔵庫に冷やしておく。
3.甘酢たれを作っておく。
4.1の鶏肉に、小麦粉・片栗粉のミックスをまぶし、玉子汁にくぐらせる。
5.それを、180℃の油で2~3分くらい揚げる(フライパンに多めの油で揚げ焼きする感じでも可)。
6.揚がった肉を、3の甘酢たれにからめる。
7.皿に盛りつけ、2のタルタルソースをかける。


テレビで観て以来、ものすごく気になってたお料理でした。
最初は、チキンカツに、タルタルソースをかけて食べるもの、くらいに思ってましたが、実際には一度甘酢たれに漬けたフライドチキンにタルタルソースをかける感じなんですね。甘酢だれとタルタルソースのマッチング、意外やいい感じでしたよ。タルタルかかってるのに、白飯との相性もバッチリだし。このお料理を生み出した宮崎県に敬意を払い、はじめて作って、まだまだ熟練にはほど遠いくせに、あげさせてもらいます。


※ちなみに、この鶏肉、前日の午後6時過ぎに隣で170円でゲットしたもの。1パックで、充分3人前作れます。
b0088339_518210.jpg

[PR]
# by fuji375 | 2014-08-31 05:19 | 料理
b0088339_3591735.jpg

【材料】 2~3人前
ナムルセット 1パック(市販で200~300円)
ご飯         茶碗2~3杯
挽肉(鶏or豚)    50~70g
卵           1個
コチュジャン    小さじ1
塩コショウ  少量
胡麻油     少量
酒   少量

【作り方】
1.挽肉に、塩コショウ、コチュジャン、少量の酒で下味をつけ、よく炒めておく。
2.熱したフライパン(できれば鉄製。なければテフロン加工のものでも)に胡麻油をひき、ご飯を均等に敷きつめる。
3.ご飯に軽く塩コショウをふり、(参照)写真右上のような感じで、ナムル、1の挽肉などをのせてゆく。そのまま、強火で3~5分くらいおく。
4.火を止める直前に卵を投入する。
5.鍋敷きのようなものの上にフライパンを移動してから、ご飯と具をよく混ぜる。

鉄製のフライパンを使うと、ご飯の焦げ具合がちょうどよく、お店で食べる石焼きビビンバのように仕上がります。挽肉・卵などなければ、ナムルセットだけでも充分美味しくできます。超簡単・お手軽な割には、フライパンを食卓に移動して、家族の目の前でご飯を混ぜるパフォーマンス付にすることで、手のかかったご馳走らしく演出することもできます。(ちなみに、うちの娘はものの見事にひっかかってます)

余力があれば、塩味のワカメスープ(ごま風味)、あっさり味の玉子焼き(イモ炒めやもやし炒めでも可)、キムチなどをあわせて、ソウルの大衆食堂風に演出しても楽しいですね。

タイトルの「石焼き風」は、器が、あくまで「石」ではない、という意味で。
しかし、あの石焼き用の器が家にあれば、料理の幅が格段に広がる気がします。いつかは、買おう・・・・
[PR]
# by fuji375 | 2008-05-11 04:26 | 料理
b0088339_1585832.jpg

【材料】 1~2人前
アジ(お刺身用) 1~2尾
おろし生姜    適量
醤油    適量
大葉 (あれば)
小ネギ(あれば)
卵 (お好みで)
ご飯   茶碗1~2杯

【作り方】
1. お刺身用におろしてもらったアジのウロコをとり、小さく切って、適量のおろし生姜と醤油につけ、20分ほど、冷蔵庫でヅケにする。
2. 大葉、小ネギは細かく刻んでアジにまぶす。卵は錦糸卵にする。
3. 丼にご飯をよそい、1.2のアジと錦糸卵をトッピングして出来上がり。

98円ほどではなくても、この季節、旬の新鮮なアジが安く売られています。自分でおろすのが面倒だし苦手という人は、スーパーの魚売り場でも、言えばやってもらえます。簡単にできて美味しくヘルシー。大葉もネギも、なければ薬味なしでも全然OK。ヅケにするとき、ごま油、コチュジャンなどを少量加えると韓国風のユッケ丼にも。
[PR]
# by fuji375 | 2008-05-03 02:22 | 料理
b0088339_17351475.jpg

【材料】
卵    3〜4個(具の量によって調節)
ジャガイモ 1〜2個(大きさによって調節)
タマネギ   1/4くらい
トマト       1/4くらい
ズッキーニ  1/4くらい 
むきエビ  (あれば適量)
ハム  (あれば適量)
塩・コショウ 適量
牛乳  少量
オリーブオイル 適量
白ワイン(具材を炒めるときに、お好みで)
【作り方】
1.ジャガイモは不揃いで大きめの千切りに、タマネギ、トマト、ズッキーニ(その他の具も)細かく刻む。
2.熱したフライパンに油をしき、ジャガイモを炒め、火がとおったら、その他の具も炒めて軽く塩コショウをふる。
3.溶いた卵に、冷ましてあら熱をとった具材を混ぜ、お好みで牛乳、粉チーズなどを入れる。
4.よくまぜた3を、熱したフライパンで焼く。表面が固まる前に蓋にとり、ひっくり返して、反対側も少しだけ焼く。お好みで、バジルやパセリをふって出来上がり。

ご存知、スペインの代表的な家庭料理で、ジャガイモとタマネギだけでも充分美味しいですが、試しに具材を増やしてみました。あれば、パプリカなど入れても合いそうです。
卵が固まりすぎると美味しくないので、火加減には注意しましょう。我が家はテフロン加工でIH対応のフライパンを使っているので、中火から弱火です。
[PR]
# by fuji375 | 2008-03-09 17:57 | 料理
b0088339_140916.jpg

【材料】 6〜7個?
作ってから3日目以上の、ぐだぐた残り物カレー   あるだけ
春雨  50g
むきえび   適量(小ぶりのものなら6~7尾。大きめなら4~5尾?)
鶏か豚の挽肉(あれば)  適量
春巻の皮  適宜
塩コショウ  適量
酒・醤油(余裕があればだし汁も)・片栗粉  適量
水溶き小麦粉(春巻の皮接着用)

【作り方】
1. 春雨を、2~3分熱湯で茹で、適当な長さに切る。
2. 熱したフライパンで、1の春雨とむきえび、挽肉を炒め、適当に塩コショウする。
3. エビと挽肉に火がとおったあたりで、残り物カレー(できれば、具がぐだぐだに溶けた状態であることが望ましい)を入れ、酒、醤油等の調味料を適宜加え、いい具合に水分がとんだところで小さじ1~2杯くらいの片栗粉を入れてよく混ぜる。以上で、餡完成。
4. 冷ました餡を、春巻の皮で巻いて形成し(基本的な作り方は、春巻の皮の袋に書かれているので参考にしてくだ゜さい)、フライパンに多めの油で焼く。

たっぷりの油で揚げるのではなく、春巻の両面を予め油で浸してからフライパンで焼くようにすると、油が具の中まで浸透し過ぎないぶん、ヘルシーです。

残り物を、効果的に利用するのが目的なので、挽肉多めにして、カレー味餃子もいけるかと。
また、カレーに、酒と醤油(+だし汁)を加えることで、蕎麦屋の「カレー南蛮」的なテイストに変わるので、前日までのカレーの残りとは思えないほどの一品に。

スナック的に食べるのはもちろん、カレー味が濃く残ってるので、結構おかずでもいけます。
皮で巻くときに溶けるチーズを入れたりすると、また目先が変わってよいでしょう。

残り物再利用お料理シリーズは、まだまだ続きます。
[PR]
# by fuji375 | 2008-01-25 02:21 | 料理
b0088339_13454100.jpg

【材料】
白餅     3〜4個
とけるチーズ   適量
ピザソース(なければケチャップでOK) 適量
玉ねぎ     適量
ピーマン(あれば) 適量
ベーコン(あれば) 適量
油  少量
塩・コショウ
【作り方】
1. 熱したフライパンに油をしき、餅の両面を焼く(はじめからグリルやオーブントースターに入れてしまうと、チーズがとける前に餅が焦げてしまったりするので)。また、このときもちの両面に軽く塩コショウしておくと、味が薄くなり過ぎない。
2.フライパンで柔らかくまるまで焼いた餅に、ピザソースをぬり、チーズをのせ、玉ねぎ、ベーコン等小さく切った具をトッピングする。
3.チーズがとけるまで、グリルかオーブントースターで焼く。

磯辺巻きにもあべかわにも飽きたら、お試しあれ。
娘のリクエストで試験的にやってみたら、大正解でした。具材がなにもなければ、ケチャップにチーズだけでも充分です。餅の表面をフライパンでおかき状に香ばしく焼いておくのがコツ。でも、その食感と油っこいのが苦手な方は、普通にグリルで焼くだけでもよいと思います。アルミホイルに包んで焼けば焦げずにふっくら仕上がります。
[PR]
# by fuji375 | 2008-01-19 01:49 | 料理
b0088339_124309.jpg
b0088339_1253088.jpg


【材料】
お節の残り・八つ頭の煮物  あるだけ
お節の残り・人参、牛蒡、レンコン、筍の煮物  あるだけ
豚挽肉  適量(八つ頭の残り具合に応じて、50g~100g)
玉ねぎ  適量
玉子  1個(残ったらミニオムレツにしてね!)
小麦粉  適量
片栗粉  適量
パン粉  適量
塩・コショウ  少々
油  適量
【作り方】コロッケ
1.玉ねぎみじん切りと豚挽肉をフライパンで炒め、軽く塩コショウする。
2.レンジで2~3分温めてからつぶした八つ頭に1を混ぜ、適当な大きさに形成する。
3.小麦粉をまぶし、溶き卵をくぐらせ、パン粉をまぶす(以下、普通のコロッケの作り方と同じく油で揚げる)。
【作り方】煮物焼き
1.煮物に片栗粉をまぶす。
2.熱したフライパンに油(できればごま油)をひき、1を、薄く焦げ目がつくくらいまで焼く。

他にも残りものがあればもっといろいろやってみたかったのですが、今年の残りは生憎これだけでした。たったこれだけの手間で、食べ飽きたお節が全く別のテイストに生まれ変わります。コロッケは、あまり油っこくしたくなかったのでフライパンに多めの油で両面を焼く感じで作ったため、見かけはあまり美しくないですが、味は文句なしにgoodです。芋に味がついてるのでソースをかける必要はありませんが、濃い味好きな方は、ちょこっとだけソースをかけてもいいでしょう。煮物焼きのほうはごま油の風味がきいてるので、そのままどうぞ。

残り物の再利用なんて貧乏くさい、と思わず、いろいろ工夫してみてください。
2008年も、引き続き、「無駄をださない」を目標に、一般家庭で可能な範囲内の最高料理を目指します。
[PR]
# by fuji375 | 2008-01-05 02:14 | 料理
b0088339_1492289.jpg

【材料】2~3人前
豆腐(絹) 一丁
青菜(春菊・水菜等) 適量
出汁昆布 15~20センチほどのものを1枚
鯛かぶと   1~2
柚子(薬味用)   少量
ネギ(薬味用)   少量
おろし生姜(薬味用)   少量
【作り方】
1. 鯛かぶとは熱湯でさっと霜降りしてから冷水で洗い、ウロコをとる。
2. 水洗いし、切り込みを入れた出汁昆布と一緒に、水から、弱火でじっくりと煮出す。
3. アクをとりつつ、10~15分くらい煮だしたら鯛を取り出し、卓上コンロに移動して豆腐を入れる。(海原雄山曰く、湯玉が沸き、豆腐が昆布の上でぐらぐらしはじめたら食べごろだとか)

鍋物が嬉しいこの季節、真鯛のあたまが、スーパーでも1~2個入りのパックが150円前後で売られてます。味噌汁や炊き込みご飯の出汁に使っても美味しいです。我が家では、出汁をとったあとのかぶとも捨てず、エラの裏側に残った身までしゃぶり尽くします。ちょっと貧乏くさいけど、使用済みのポン酢を出汁で割ったところにご飯を入れて食べるのもgood。薬味は、お好みでいろいろ試してみてください。ちなみに娘は、このところ「柚子コショウ」がマイブーム。
[PR]
# by fuji375 | 2007-11-27 15:29 | 料理
b0088339_3531811.jpg


【材料】2~3人前
レンコン     150g~200gくらい
長ネギ      10センチくらい
むきエビ     40g~50gくらい
玉子         1/2個
片栗粉      大さじ2
塩コショウ  少々
油            少々
酢            少々

【作り方】
1. レンコンを5ミリくらいの厚さに切り、酢を入れたお湯で軽く茹で、冷ましておく。
2. むきエビは軽く塩をふって10分くらいおき、水気をよく切ってすり鉢ですりつぶす(面倒臭ければみじん切りでもよい)。
3.2に、みじん切りにした長ねぎ、溶き卵1/2、大さじ1の片栗粉、塩コショウを加え、よく混ぜる。
4.二枚のレンコンの内側に片栗粉をまぶし、3を適量挟む。崩れないようよく形を整えたら、更に外側にも片栗粉をまぶし、多めに油をひいたフライパンで焼く(中火)。レンコンの表面が薄いきつね色に焼けたら出来上がり。

レンコンのシャリシャリとエビのプリプリした食感が絶妙な、なにを隠そう私の大好物です。
ビールの肴にもよし、ゴハンにもよし。もちろん、スナック感覚でも。
この日は、半額で入手したレンコンで、久しぶりに好物を堪能しました。

あまった1/2の溶き卵は、塩コショウに牛乳少量を加えてミニ・オムレツに。
私の料理は決して無駄を出しません。写真撮影の彩りに添えた蕪(この日のもう一品は蕪のカニあんかけでした)の茎を、娘は全部食べちゃいました。で、曰く、「ママがエコだから、うち(娘が自分を称するときの一人称)もエコなのよ」と。うぅ・・・なんて可愛いんだ。
[PR]
# by fuji375 | 2007-11-01 04:14 | 料理
b0088339_3162291.jpg


【材料】 2~3人前
トマトジュース(野菜ジュースでも可)  100mlを2缶くらい?
コンソメ(固形)  1個
水   少量(70~100ccくらい?)
ニンジン     3~4センチ
タマネギ    4分の1くらい
ドライビーンズ(パックでも缶詰でも) 1つ
ソーセージ・ウインナ (冷蔵庫に残ってればなんでも。ハム、ベーコンでも可)
白ワイン  少量
塩・コショウ  少々
バジル  少々

【作り方】
1.ニンジン、タマネギはみじん切りに、ソーセージの類いもひと口大に小さく切り、少量の水で似る。
2.ニンジンが柔らかくなったあたりでトマトジュース、コンソメ、白ワインを入れ、沸騰したらビーンズを入れて更に煮込む。
3.火を止める直前、塩コショウで味を調え、お好みでバジルをふる。

もし使い残しでもあれば、生のトマト、トマトピューレ、缶詰のカットトマトなどをほんの少し入れるだけで、より本格的になります。ドライビーンズは、ひよこ豆とかレンズ豆とか、何種類か入って、100円くらいで売ってます(缶詰でもパックでも)。 面倒臭いから、炒飯とかパスタとか、ワンディッシュですませたいときでも、スープがあるだけで全然雰囲気が違います。
[PR]
# by fuji375 | 2007-10-24 03:39 | 料理